ターゲットを絞るのではなく特にどんな人を幸せにできるか?

お盆近いのにこんばんみ。

サニーあきです。
 
 

o0480036013393406106

私はゼロからネットで
女性起業家さんが理想のお客様と出逢う!魅せ方を教えてます。
 
 
で、良く話に出るのが
 
ターゲット絞らなきゃ
いけませんよね~
 
 
という話。
 
 
はいきたコレ。
 
 
 
ターゲットって絞った分、
あなたの専門性が問われるんですよ?
 
 
かじった情報を鵜呑みにすると
痛い目にあいますので
お気をつけなすって。
 
 
特にその人に向けて、具体的に
アドバイスできる何かがあるか?
 
 
なんですわ。
 
 
見た目のフレーズとか肩書きだけ
変わってる
 
 
見せかけ
 
 
が多いんだけど、
 
 
35歳からの婚活 と書かれていて
プロフィールみて
 
 
「あぁ、この人自身も35歳から
婚活して結婚したからかぁ」
 
 
 
というストーリーが見えれば
しっくり来るもんで。
 
 
ここで、プロフィールが
「18歳で結婚」ってなってたら
 
 
は?この人何で35から?って
なぜあなたがこの仕事をしてるか?に
結びつきませんよね?
 
 
お客様からしても
あなたを選ぶ理由も見つからない訳。
 
 
だから、ただ絞るんじゃなくて
 
あなたが特に幸せにしてあげられる人は
誰か?をイメージしてください。
 
 
一人でも100人でも。
リアルに名前が言える人。
 
 
この100人の共通点が
みんなバツイチだったら
 
 
バツイチ女性専門の何か、が
できるだろうし。
 
 
もうサービスを始めてる女性起業家さんだったら
クライアントさんの共通点を見つける。
 
 
そうやって見つけるもんです。
 
 
あなたが勝手に、絞るものでは
ありませんよ( ̄▽ ̄)
 
 
自分が選ばれるブランディングを
じゃんじゃんして楽に働きましょう~
 
 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA